催眠療法が適応となる疾患や症状

私たちの「心」「意識」は、日常思考したり分析したりという作業を行っている顕在意識と、直感や感情、想像力や記憶をつかさどる潜在意識から成り立っています。
それらの心の中での割合は、顕在意識が10%であるのに対して潜在意識が90%を占め、私たちの感じ方や行動、しいては人生の「生き方」に多大な影響を及ぼしています。
ヒプノセラピー(催眠療法)では、その潜在意識にアクセスし、顕在意識が前面にある状態では感じることが困難な感情や記憶に働きかけることによって、心や体の不調の改善をはかります。
またヒプノセラピーは、人生における苦悩や人生の意味・使命にたいする気づきを促すことのできる心理療法でもあるのです。

ヒプノセラピーは心理療法の一種であり、占いやスピリチュアル・ヒーリング(心霊治療)といったものではありません。
当セラピールームでは、臨床経験豊富な医師でもあるセラピストがセッションを行う、臨床催眠療法を提供いたします。体の不調のある方でも安心してご相談ください。
ただし、医学的治療を優先すべき患者さんや重度の精神疾患の患者さんなど、催眠療法の適応にならないと判断したケースでは、セッションをお断りするケースがあることをご了承ください。

心の不調が原因となっている可能性のある疾患や身体症状

  • 高血圧
  • 頭痛、肩こり
  • 腰痛
  • アレルギー疾患(気管支ぜんそく、じんましん、アトピーなど)
  • 自己免疫疾患(慢性関節リウマチなど)
  • 胃潰瘍、
  • 過敏性腸症候群
  • 風邪をひきやすい
  • 動悸
  • めまい
  • 過換気症候群
  • 円形脱毛症
  • 起立性低血圧
  • 月経困難症
  • 糖尿病
  • 肥満症 など

心・感情の不調症状や精神疾患

  • 不眠
  • だるさ、疲れが取れない
  • 落ち込み 引きこもり
  • やる気がおきない
  • イライラ感
  • 不安障害
  • 強迫性障害
  • 恐怖症
  • 摂食障害
  • パニック障害 など

人生や日常生活の辛さや悩み

  • 人間関係の悩み
  • 生きづらさを感じる
  • 人生の使命や今世生まれてきた目的を知りたい
  • 減量、禁煙ができない などヒプノの適応症例